不動産担保ローン・融資のご相談は不動産担保ローン株式会社にお任せください。

フリーダイヤル 0120-394-402
無料
お試し仮審査

ブログ

壁芯と内法について

2016/07/11 カテゴリ:estate

マンションの販売図面で面積を表示する場合に「壁芯(へきしん)」と「内法(うちのり)」と記載があります。不動産登記簿謄本は内法で記載されます。

内法とは壁(紙)の内側で囲まれた部分の面積を表し、壁芯は壁や柱の中心線で囲まれた部分の面積です。従って、壁芯の方が5%~10%近く面積が増えます。販売業者は広く感じて頂く為に、壁芯による面積を表示するのが常となっております。

共用部分、専有部分の考え方ですと、内法による表記が正しいものと思われますが、戸建住宅・一棟の建物の場合には壁芯による計測で表示登記を行っております。区分所有建物の場合には内法による表示登記となっております。

不動産担保ローンのマンション評価の場合には取引事例比較法に基づく比準価格を重視致します。㎡単価を算出し、内法による登記簿上の面積を掛けて評価しております。

当社はワンルームマンションでの不動産担保融資も取り扱っております。お気軽にお話してみて下さい。

 

senmen

 

≪ 一覧に戻る