不動産担保ローン・融資のご相談は不動産担保ローン株式会社にお任せください。

フリーダイヤル 0120-394-402
無料
お試し仮審査

ブログ

貸金業の用語(基礎編その1)

2016/09/27 カテゴリ:loan

ノンバンクとお付き合いをする前に、知っておいた方がいい基礎知識を紹介致します。

 

1.利息の計算方法

金利計算の方法は基本的には以下の式で算出できます。

元金 × 利率 × 日数 ÷ 365 = 利息

計算の基礎となる元金ですが、会社によって異なるケースがあります。例えば、分割弁済の場合に1回分の元金返済額に利率を掛ける場合もありますが、ノンバンクの場合、融資残高全額に対して利率を掛けます。すると延滞した場合の損害金の計算ですが、リース会社や銀行は延滞した元金に対しての延滞利率ですが、ノンバンクの場合、融資残高の全体に遅延損害金利率を掛けますので相対的に高くなりますので注意が必要です。

 

2.返済方法(元利均等返済、元金均等返済)

元利均等返済は、各回の返済金額が同額で利息・元金の割合が変化します。

元金均等返済は、各回の返済元金が同額で利息が徐々に減る返済方法です。

どちらの返済方法にもメリットがあり、元金均等返済は早期で融資残高が減少するので、当初の返済額が多くなります。元利均等返済は最後まで同額を支払うので、当初の元金の減り方が緩やかです。契約期間が同一の場合のトータルの返済金額は、

元金均等返済<元利均等返済

ですが、元利均等返済はキャッシュフローが安定しますので、資金計画を立てやすいというメリットがあります。

返済金額は当社HP返済シミュレーションをご参照下さい。

 

3.個人信用情報

当社の場合は日本信用情報機構に加盟しております。法人・個人のお借入の状況を把握することが出来ます。ノンバンクだけではなく、携帯電話の割賦払いやリース、住宅ローンの保証会社の情報、銀行キャッシングで保証会社が付いている場合の情報、リース、法人連帯保証の情報等が回答されます。俗に言うブラックリストですがリストがある訳ではありません。回答欄に数字と発生日で(異動情報、参考情報と言います)表示され、ほとんどのノンバンクで共有されております。銀行取引で審査が否決になる場合、この個人信用情報に問題があるケースが考えられます。キャッシングだけでなく携帯電話の分割金、リース、オートローン等全ての情報が集約されておりますので要注意です。不審な場合には登録されている自分の情報を開示請求する事が出来ますので、ローン審査に通らない方は一度お問合せすることをお勧め致します。

詳細は日本信用情報機構のホームページからご確認下さい。

 

4.貸金業登録

事業を営む方は会社のFAXに融資案内の情報が多数送られてくるかと存じます。貸金業法では営業する場合には会社名、住所、電話番号の表示が必要となりますが、監督官庁の貸金業登録番号を記載しないケースは通常のノンバンクとは考えられません。FPやコンサルと称した紹介業者、債務整理、ヤミ金かと思われますので、営業用のチラシに東京都知事(〇)第〇〇〇号、関東財務局長(〇)第〇〇〇号と記載が無い場合には絶対連絡しないで下さい。

登録業者の調査は貸金業協会のホームページまたは各都道府県の貸金業対策課からお願い致します。

 

不動産担保ローン株式会社では、お客様と契約する場合には条件等をご理解頂くまでは契約致しません。ご融資だけでなく、期間中の取引き、ご返済、完済時まできちんと対応しております。ご納得の上、ご契約を締結されることをお勧め致します。

 

安心の不動産担保融資の事なら不動産担保ローン株式会社へ!

TEL 03-6860-0033

 

dentaku

 

≪ 一覧に戻る