不動産担保ローン・融資のご相談は不動産担保ローン株式会社にお任せください。

フリーダイヤル 0120-394-402
無料
お試し仮審査

ブログ

不動産業界に外国人従業員の増加

2018/06/15 カテゴリ:新人

日本国内の不動産市場においては、2020年に予定されている東京オリンピック開催に伴う都心部の地価上昇の背景に、海外個人投資家の不動産取引も増加しています。

 

外国人による不動産取引は、投資だけでなく、住居としての購入、賃貸、つまり実需も目的であることがわかります。

 

外国人の不動産購入や賃貸契約のハードルの高さだ。商習慣が異なるのはもちろんですが、不動産や法律の専門用語が並ぶ重要事項説明書やマンション管理規約などの内容は、一般的な日本人でさえ一度にすべてを理解できるほど簡単なものではない。併せて、外国の従業員の重要性が結構出てきます。

 

2016年に東京都大田区、大阪府の一部で始まった「民泊」では、騒音やゴミ出しといった外国人をめぐる生活トラブルが表面化するなど、近隣住民への理解や共存に向けたルール整備が追いついていない側面もあります。旅行先での宿泊という”短期間”であってもこうした問題が起きている中、より長く住み続けることになるであろう外国人との共生は、日ごろからのコミュニケーションが必須であることは想像に難くないです。

 

 今後、外国人との不動産取引においては、円滑な入居を促すだけでなく、生活習慣の違いによる住民トラブルをできる限り抑える点も同時に求められるように思います。いろんなトラブルを防止のため、今後不動産業界にもっと外国人の従業員を雇用されると思われます。

 

同じ出身の方で、同じの言語を使って契約したり、内容説明したり、お互い信頼感をさせて、スムーズに行けると思います。

 

さらに、今年、政府に関して、安倍晋三首相は5日の経済財政諮問会議で外国人労働者の受け入れ拡大を表明しました。人手不足が深刻な建設や農業、介護など5業種を対象に2019年4月に新たな在留資格を設けます。

 

原則認めていなかった単純労働に門戸を開き、25年までに50万人超の就業を目指します。

 

それにより外国人就労制度が緩和され、これから今の何倍くらいの外国人の方は日本に住まれると想定ができ、ただ単純な労働であれば、体力さえあれば誰でもできるはず、変な話日本なんて使わなくてもよいかもしれません。そうすると日本語があまり話せない外国人がどんどん増えて来るでしょう。皆の住居環境、いわゆる、賃貸物件の仲介など、やはり外国のスタッフいるとスムーズ行けるし、何かトラブルあっても解決しやすいかと思います。

 

不動産のことであろう、金融のことであろう、日本人、外国人関係なく、困ったらフリーダイヤル:0120-394-402へお気軽にどうぞ

shinsajosei

≪ 一覧に戻る