不動産担保ローン・融資のご相談は不動産担保ローン株式会社にお任せください。

フリーダイヤル 0120-394-402
無料
お試し仮審査

ブログ

行政代執行とは?

2018/11/5 カテゴリ:新米ママさん

 先日日本を襲った台風21号の影響で、大阪の空店舗が倒壊寸前になっていると朝のニュースで取り上げられていました。店舗は木造2階建て、強い風の影響で壁一面がごっそり剥がされ、建物の中が丸見えの状態になっていました。今にも倒壊しそうな建物・・・。すぐにでも撤去をと誰もが思うと思いますが、危険だからといって所有者に連絡なしに取り壊しを行う事は出来ません。

そんな時に所有者の意思なしでも取り壊しが可能になる制度が「行政代執行」です。これから空き家がますます増える日本には欠かせない制度であると思います。今日はこの行政代執行について調べてみたいと思います。

 

行政代執行とは、所有者の代わりに行政が危険な空き家の取り壊しや、道路に越境している木や草の伐採、最近増えているゴミ屋敷に対するゴミの処分等を、緊急性がある場合にのみ、所有者の承認なしで撤去が出来るというものです。何度も所有者に対応するよう連絡をしていてもなかなか撤去してくれない時や、所有者が既に亡くなり、相続人も不明の場合など、このまま放置しては通行人や隣人の方に被害が出そうな場合にこの制度が使われる事になります。

 

行政代執行を行った場合に発生する撤去費用については、本来やらなければいけない所有者に請求される事になります。そのまま無視しておけば市が撤去してくれるといった考えは一切通用しません。行政代執行では、市の税金が使われる事になります。もし所有者がこの撤去費用を支払わなければ、税金滞納と同じ扱いで処理されるという事です。役所は、税金債務の回収目的で、所有者が所有している物件を差し押さえ競売にかける事が出来ます。今住んでいる自宅や、所有している車なども差し押さえられる事になります。

 

空き家の中には、所有者が不明な物件がたくさんあります。被害が出そうな危険な物件があったとしても、所有者が不明では依頼も出来ません。先に述べたように行政代執行は税金を使って行われるので、所有者がわからなければ代金の請求先がないという事になり、全額行政負担になってしまいます。行政側としても出来れば所有者を探し出したい訳なので、実際に代執行をするまでにかなりの時間がかかっているという現実もあるようです。

 

空き家は年々問題が大きくなっていて、それを放置すれば、衛生面や防犯面において問題が出てくる事になります。近隣の方に悪影響を与えず、また、行政代執行を受けないためにも、空き家を所有されている方は普段から適正に管理していくこがとても重要だと思いました。

 

roji

≪ 一覧に戻る