不動産担保ローン・融資のご相談は不動産担保ローン株式会社にお任せください。

フリーダイヤル 0120-394-402
無料
お試し仮審査

ブログ

不動産現地調査の重要性

2020/03/4 カテゴリ:新人

先日、宅建業協会の研修会へ行ってきました。

 

今回、最も重要だと感じた内容は、売買の時に宅建業者が心理的瑕疵について調査不足があった事例です。

 

実際の案件内容は以下になります。

 

平成31年3月買主Bは宅建業者Aから土地付き建物(新築)を購入し、代金支払いと引き渡しを受けました。

 

当時、契約した際、契約書と重要事項説明書に「本物件が建築される前に古家が平成27年7月ごろ居住者が病死で発見が遅れた事実があり」との記載がありました。

 

買主Bは了解したうえで購入しました

同年5月買主Bは散歩していると、近隣の方より話かけられ、お宅の前に前の方は病死ではなく、餓死であった。この敷地に以前あった家で餓死された方の母親がうつ病の中に農薬を服用したこと、餓死された方の父親が失踪している・・・・・と聞いていました。

 

買主Bは購入する前に3回ほど宅建業者Aに確認したこと、録音で判明できました。事前に知っていれば購入しなかったとの理由で、損害賠償を求めて、保証協会へ苦情を申し出ました。

 

その後、保証協会事情を調べました。

 

平成29年前今の場所が2つ敷地に分けていました敷地1、敷地2になっていました。

 

当時敷地1の上に古家建てられ当時の方が病死で発見が遅かったことです。

敷地2の上に古屋に関して、自殺、餓死、失踪のことがありました。

 

平成29年宅建業者は病死だけを知り、更地として、敷地1、2を購入し、さらに、新たに土地を3つ分筆、建売し、平成31年買主Bと契約を結びました。

 

買主Bは今回購入した建物は敷地3になりますが当時敷地2の中に入っていましたので宅建業者の調査と説明する義務をつけられています。

 

保証協会の事情調査により、宅建業者の調査不足のため、責任を負うことになります。

 

確かに、今回の案件はややこしい部分がありました。ただ、宅建業者の以上、現地調査をしっかりやるしかないと思い、今回のトラブルを避けなければなりません。

 

弊社定期的に、宅建協会、貸金協会等の研修会を参加しつつ、随時に新しい知識を把握できるように努力しています。

 

不動産、金融のことでしたら、お気軽に、お問い合わせください。

まず、フリーダイヤル:0120-394-402へどうぞ!

 

 shinsajosei

≪ 一覧に戻る