不動産担保ローン・融資のご相談は不動産担保ローン株式会社にお任せください。

フリーダイヤル 0120-394-402
無料
お試し仮審査

ブログ

担保付不動産の売却

2019/04/12 カテゴリ:新人

不動産の担保は①抵当権と②根抵権の二つがあります。

 

最初の①抵当権は不動産担保の対象となる融資(ローン)が定められている種類です。

 

対象となる融資(ローン)が完済となれば、不動産担保は外れることになります。

 

これに対して②根抵当権は不動産担保の対象となる債権(ローン)を特定しない種類です。

簡単に言えば現在の融資(ローン)のみならず、将来の融資(ローン)を含めその金融機関との取り引きが、不動産で担保されるという種類です。

 

不動産担保は②根抵当権の場合は

担保が設定されている不動産を売却することは物理的には可能です。が一般的には担保がついた不動産をそのまま購入する人はいません。

少なくとも売却(購入)と同時に不動産担保が外れないと売れません。

したがって通常では一定の金額を返済することを条件に、売却時に同時に不動産担保を解除することをあらかじめ決めておきます。

どの程度、返済すれば不動産担保が外れるのかは相手方との交渉次第になります。

目安としては不動産担保の設定額です。

 

いずれにしても担保付の不動産売却に関して、残り(ローン)の残高が返済済か、もしくは債権者の債務解除が必要になります。それはご十分に注意してください。

 

弊社は長年不動産ローンをやっていますので、ただに融資を貸すだけではなく、お客様のご自身状況を聞いたうえで、適正の融資プランを提案し、無理な返済させないのでお客様にご安心できるように日々頑張っています。ですから、融資のことであれば、まず、フリーダイヤル:0120-394-402へ、どうぞ!

 

iketookane

≪ 一覧に戻る